カプセル

誰もがなる目の病気

身近な動物も今は白内障になったりします。もしペットが白内障になったらどうしますか?この記事では白内障の予防方法を最後にお伝えしていきますので、白内障に気をつけておきたい人はすぐに薬を手に入れておきましょう。

たくさんの種類の薬

記事一覧

「犬や猫の薬を買っておき、病気に対応できるように準備しよう」の記事一覧です。

猫にも起こる病とは

コップと薬

動物も人間と同様いろんな病気を患うことがあります。
特に人間が飼うペットのなかでも犬や猫はさまざまな病気をするので、すでに飼っている人もこれから飼う予定の人も是非勉強しておいてほしいと思います。
たくさんある病気のなかから、普段の生活でよく起こってしまう可能性のある「フィラリア症」についての話をしていきましょう。

フィラリア症というのはフィラリア(別名:犬糸状虫)とよばれる寄生虫に感染されると起こるものです。
このフィラリア症はいざ感染してもいきなりなにかしら症状が起こるわけではありません。しばらくの間フィラリアはずっと皮膚の裏で脱皮を繰り返しています。そして成虫になるまでそこでじっとし続け、成長すると血管内から心臓や肺へ侵入していきます。
そんなフィラリアを駆除するためには幼虫の段階じゃなければいけないので、それだけは注意してください。もしも万が一成虫になってしまうと、どんな薬を投与しても一切受け付けなくなります。ちなみにどんな猫の薬を選んだらいいのか?というと基本的にはアドボケートあたりがおすすめです。もともと猫の薬として売られていたわけではありませんが、アドボケートは犬用だけではなく猫の薬としても今は販売されるようになりました。だからもしフィラリアに関する猫の薬を探しているのなら是非アドボケートを選んでみてほしいと思います。フィラリアは気づかないまま放置すると命を奪われてしまうので、今すぐにでもアドボケートを使いしっかり予防していくべきでしょう。初期症状として咳を出したりする傾向がみられたら、それはフィラリア症かもしれません。